佐藤 摩弥は美人女子オートレーサーの経歴や賞金と養成所とは?

佐藤 摩弥(さとう まや)さんの職業は
女子オートレーサーなのです。

 

それも佐藤摩弥さんは実に44年ぶりに
女性オートレーサーが実戦に参加となった。

 

31期では2人の合格者がいたのです、
一人は佐藤 摩弥さん、坂井宏朱さんでしたが、

 

2012年1月15日坂井さんがが練習中
の事故で殉職されております。

スポンサーリンク

したがって31期は佐藤 摩弥さんだけになってしまいました。

32期では新たに5人が合格となり、
2013年7月にデビューし、

中にはプロボクサーから転向した藤本梨恵も含まれています。

 

33期では新たに7人の女性レーサーが
デビューとなり、

現在の女性オートレーサーは13人となる。

ブログはこちら

https://ameblo.jp/autorace-joshi/

そんな佐藤 摩弥さんの
経歴や賞金と養成所とは?など調べて見ました。

 

画像:http://race.sanspo.com/autorace/news/20160108/atrn…

佐藤 摩弥(さとう まや)さんの経歴

出身地:埼玉県

生年月日:1992年5月16日

年齢:26歳(2018年2月現在)

身長:151cm

体重:49kg

血液型:B型

星座:牡牛座

選手登録:2011年年7月8日

期別:31期

師匠:吉田幸司

出身高校:埼玉県立 鳩ヶ谷高校(中退)

特技:モトクロス

 

佐藤 摩弥さんは5歳の頃から、バイクに親しんできた元モトクロスライダーでした。

美少女ライダーとして、全国ネットの番組で紹介されたこともある。

 

2005年、KIDSモトクロス中学生クラス、レディースクラスチャンピオン。

2008年、2009年に全日本モトクロス女子選抜シリーズ7位。

 

中学生の時に父親と川口オートに行ったのをきっかけにオートレースを知り、

高校2年で選手募集に応募しました、
受験資格の年齢(16歳以上)になったことで31期を受験いたのです。

約50倍の難関を突破し合格し高校を中退して、オートレーサーの道へ進む。

 

2011年7月のデビュー時には、
44年振りの女子オートレーサー誕生ということもあり、

テレビはもちろん様々なメディアで採り上げられ、

以降も常に女子レーサーの話題の中心になっている。

 

ファンからは『サトマヤ』という愛称で
呼ばれています。

 

2013年3月18日に川口レース場で

オートレース史上初の女子選手優勝

2014年2月6日にも川口レース場で
2度目の優勝を飾っている。

 

佐藤摩弥 女子レーサー史上初となるグレードレース制覇

女子レーサー初のグレードレース優勝となりうれしい限りです。

8周回はとても長かったです。最後は気持ちで走りました。

ゴール後は消音マフラーという事もあって、お客様の声がよく聞こえ、みんなが喜んでくれていたので本当にうれしかったです。

今日は師匠の吉田さん、グループの若井さん、中野さんが1着でいい流れを作ってくれていたので、結果を残さなければと思いました。

川口ナイター初のグレードレースを優勝することが出来ましたが、GⅠ・SGと大きいレースがあるので、

今日の優勝に満足せずこれからも頑張りますので、応援よろしくお願いします!

賞金額は

2016年度:20,253、375円

ランク:S-44・出走:127回・年齢25歳

2015年度:15,252,700円

ランク:A-43・出走:106回・年齢24歳

2014年度:17、709、920円

ランク:A-31・出走:118回・年齢23歳

 

オートレース選手養成所は?

住所:茨城県下妻市岡乙159-3

オートレース選手養成所は筑波サーキットに隣接しています

アクセス

電車の場合

秋葉原駅からつくばエクスプレスに乗車
守谷駅で関東鉄道常総線下館行きに乗り換え、宗道駅下車。

宗道駅からタクシー(約6km、タクシー15分)で筑波サーキットに到着

スポンサーリンク

車の場合

坂東ICより

県道20号を結城市方面へ
右手にファミリーマートのある丁字路交差点を右折、次の信号を左折、直進すると右手に筑波サーキット到着。

谷和原ICより

国道294号線を常総(旧水海道)方面へ
圏央道の常総ICを過ぎて『石下紫峰高東』交差点を左折

左前方に『日本一ながいチョコ』のポールのある交差点を右折
直進すると右手に筑波サーキット到着

 

募集要項は

・満16歳以上の方

・運転免許証を有している方(原付も可)

・体重60kg以下の方

・両眼とも裸眼視力0.6以上で、色神に異常のない方

・バイク・スポーツ経験者には特例制度あり

この中から実際に合格できるのは、
30~50人に1人と言われています。

 

超狭き門なのです、それは試験は3次試験まであり、

身体能力・運動能力・技能テストのほか、
性格や人間性などのテストなどもあります。

 

試験は数ヶ月ごとに行われるため、長い間自分の身体をいい状態に

キープしなくてはいけません。

 

養成所の学費は?

施設使用料や人件費

約120万円

普通の専門学校や大学と変わらない金額
なのです。

しかし9カ月におよぶ訓練を受けなければならない。

 

養成所の生活は厳しい?

現役選手が「あそこだけには戻りたくない」という異空間です。

●通信機器の使用は一切禁止
※携帯電話、音楽プレイヤー

●雑用も多く食事の時間がなかなかとれない

※お風呂の時間は約10分、食事は5分

●食事の時間は話してはいけない

●持ち込みできる物は

※服、下着、タオル、歯みがきセット、ノート、お守

●持ち込み禁止は

※テレビ、本、化粧品、石鹸、シャンプー、薬

完全に世間から隔離される、

1日のスケジュールは

■6時に起床。

■準備をしてそこから朝連。

主に、ランニング、柔軟体操、筋トレ(腕立て・腹筋・背筋など)を行います。

■その後は朝食。

■食後は担当に分けれて施設内の掃除を行います。

■掃除後は準備をして、走行訓練。

■その後は昼食。

■昼食後もまた走行訓練。

■訓練後は晩御飯。

■ご飯のあとはお風呂。

■その後、訓練生同士で反省会。

■反省会後に再度掃除。

■21時に点呼をもって、1日の終了。

■22時に消灯。

点呼が終われば疲れていてすぐに寝てしまう
位きつい毎日だそうです。

 

最後に

候補生たちが選手になれば、
平均年収1300万円という、

一般的なサラリーマンの感覚からはかけ
離れた報酬が待っているのです、

挑戦される方は頑張って下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。