服部浩は郵船クルーズ社長で経歴や大学は? カンブリア宮殿

服部 浩(はっとり ひろし)氏は
郵船クルーズ株式会社の社長です。

 

郵船クルーズ株式会社よりはクルーズ客船
「飛鳥II」の方が知れわたっている。

 

それも26年連続で客船ランキングの
トップに君臨する客船「飛鳥II」。

スポンサーリンク

累計1000泊を超える熱狂的ファンまでいる人気なのです。

つい最近までは富裕層向けのイメージだったのですが、、

現在は1泊1万円程度の格安ツアーも登場し、若い世代も楽しめるとして

市場が急拡大している。

日本各地の港には、世界中からクルーズ船が年間2700回も訪れ、

クルーズ人口も過去最多で24万人を超えたそうです。

 

全国各地の祭りや花火大会をめぐる夏のクルーズ、

小笠原・父島を訪れる「小笠原クルーズ、

北海道各地をめぐる「夏の北海道クルーズ」

などは定番になっています。

 

そんな服部浩 社長の経歴や出身大学、
早めのご予約によりお得な旅行代金でご参加いただける「早期申込割引」

など調べて見ました。

 

画像:https://travelwing.exblog.jp/23874026/

服部浩 (はっとりひろし)社長の経歴

役職:郵船クルーズ 社長

誕生日:1953年

年齢:64歳

出身地:東京都

出身大学:慶應義塾大学経済学部卒

スポンサーリンク

職歴

1976年日本郵船入社

業務企画グループ長

NYK LINE(オーストラリア)PTY会長

中国総代表。NYK LINE(チャイナ)董事長

日本郵船取締役常務経営委員

NYK GROUP ヨーロッパLTD. 社長に就任

2014年より郵船クルーズ代表取締役社長。

 

座右の書は、『トヨタ生産方式─脱規模の経営を目指して─』

こちらの本はまだ販売されてます

単行本・1978年5月1日
大野 耐一 (著)

この本は約40年も前に発売された本です、

 

●「ムダ・ムラ・ムリをなくして効率化を進めよ」

●「5回“なぜ”を繰り返し、真因を突き止めよ」

●「現場に出向き事実を確認する“現地現物主義”を徹底せよ」。

製造業の現場で生まれた「トヨタ生産方式」の思想は、物流業においても、

そして現在携わる客船の仕事においても重要だと考えています。

 

「早期申込割引」を設定

●飛鳥II 年間スケジュール|国内・国外クルーズ|クルーズ

http://www.cruiseplanet.co.jp/jap/jp_calen_asuka.htm

●飛鳥クルーズでマイルがたまる

https://www.asukacruise.co.jp/

最後に

服部浩社長は乗客の大多数を占める
日本人向けに、

「世界最高水準のサービスを、今後も妥協せずに追求する」と宣言されてます。

また2020年の東京オリンピック・パラリンピックについては、

「大きなビジネスチャンス」とし
「乗り遅れたくない」とといってます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。