今野玲央は箏曲家で経歴に大学や両親離婚でハーフ?情熱大陸

今野 玲央(こんの れお)さんは
男性箏曲家(そうきょくか)でアーティスト名はLEO(レオ)。

 

伝統的な和楽器として古来より親しまれてきた「お箏(こと)」なのですが。

また別名でKotis(コティスト)とも呼ばれている、

Kotistは、箏(こと:koto)を使っているミュージシャンを指します。

スポンサーリンク

したがって和楽器の演奏家は、あまりミュージシャンとは名乗らず、

箏の場合は「箏曲演奏家」と名乗る方が大半ですが「Kotist」として名乗って
いる方もおります。

 

「箏」と「琴」の違いって?

「箏」と「琴」を混同している人が多い、
TVでお正月になると流れる曲、

 

この音楽は箏曲の代表的な曲、宮城道雄作曲の「春の海」です。

 

お箏の曲とよく言われますが、例のフレーズはあくまでもメロディーが入る前の

「前奏」であって、その後、尺八によるメロディーがスタートします。

 

異なる2つの楽器「箏」と「琴」の違いは?

2つの楽器の大きな違いは「柱(じ)」と呼ばれる、真ん中にたくさん

立つブリッジがあるかないかです。

「箏」

柱を動かして音の高さを変えるのが、
箏です。

「琴」

琴は柱がなく、絃を押さえる指のポジションを変えることで音の高さが変わる楽器。

つまり、スチールギターのようなものです。

一絃琴・二絃琴・七絃琴・大正琴というのは、正にこれにあたります。

源氏物語にも登場している、
実際、源氏物語の中では

●「箏(ソウ)のコト」

●「琴(キン)のコト」

●「琵琶(ビワ)のコト」

という記述がされている
なぜ現在は「琴」になったか?

正式には「箏」であるのに、なぜ、正しくない漢字の「琴」が

使われるようになったのか。

 

これはただ単に、常用漢字に「箏」という字が含まれていなかったから。

今では「箏」も常用漢字の仲間入りをして、パソコン変換もできますが、

まだまだ世の中では「琴」だと思って
疑わない人が多いのです。

 

今野玲央さんは驚異のスピードとテクニックで、

箏曲だけでなくジャズからクラシックまで多彩な曲を奏でる箏曲家として今、
注目を浴びている、

 

そんな今野玲央さんはハーフで経歴や
出身校、両親離婚、「箏」と「琴」の違いなど調べて見ました。

スポンサーリンク

 

画像:http://www.sankei.com/entertainments/news/170806/e…

今野玲央(こんの れお)さんの経歴

職業:男性箏曲家(そうきょくか)

誕生日:1998年2月5日

年齢:20歳(2018年4月現在)

出身地:横浜市出身

両親:母親は日本人、父親はアメリカ人のハーフ

出身校:小・中・高等学部を、横浜インターナショナルスクール

現大学:東京藝術大学音楽学部邦楽科2年

得意料理:ハンバーグ・ナポリタンスパゲティ

好きなブランド:「ヨウジヤマモト」

 

今野玲央さんの母親は日本人、父親は
アメリカ人のハーフですが、3歳の時、両親が離婚する。

 

横浜インターナショナルスクールで9歳から箏(そう)を始める。

 

「全国小中学生箏曲コンクール」小学生部門で銀賞受賞。

中学生部門では銅賞、銀賞、

「第30回全国小中学生箏曲コンクール」でグランプリ受賞。

16歳の時「第20回くまもと全国邦楽コンクール」で最優秀賞と文部科学大臣賞を受賞。

現在は東京藝術大学音楽学部邦楽科に通う2年生です。

 

大学は女子学生が多く、入学すると1年で「女子化」してしまうとのこと、

また数少ない男性で今野玲央さんはモテテいるでしょう。

 

その後には活躍がレコード会社の目に留まり、

2017年アーティスト名LEO(レオ)で、

日本コロムビアから1stアルバム
「玲央1st」でメジャーデビューする。

 

しかし東京藝術大学音楽学部邦楽科は、日本伝統の“古典”箏曲を含め邦楽の
基礎や礼儀作法を徹底的に学ぶことになる。

 

したがって「下積み期間」である1年生の間は、

学外の演奏会やアーティスト活動も
制限されるそうです。

 

自由なインターナショナルスクール出身の今野さんにとっては全てが手探りで、

伝統芸能の厳しさに打ちのめされることばかりの1年だった。

2018年春から再びアーティスト活動を再開させる。

 

最後に

「箏」と「琴」の違いは初めて知りました、

普段から何気なく聞いていたので
違いは分りませんでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。