白坂亜紀は銀座のママで経歴や旦那に両親とお店の場所は?

白坂亜紀(しらさか あき)さんは
銀座に「稲葉」を開店し、

現在は銀座で4店舗の店のオーナーです。

 

銀座でクラブ経営の寿命は平均5ヶ月
といわれる激戦区なのです、

スポンサーリンク

そんな銀座で22年も高級クラブを
経営してきた「銀座のママ」が

白坂亜紀さんなのです、夜は企業のトップをはじめとした

一流ビジネスマンたちの社交場とされている。

 

そんな白坂亜紀さんの経歴や旦那に両親と

お店の場所など調べて見ました。

 

画像:https://www.koushihaken.com/member/1648/

白坂亜紀(しらさか あき)さんの経歴

職業:銀座クラブ経営者・株式会社白坂企画代表

誕生:1966年

年齢:51歳(2018年4月現在)

出身地:大分県竹田市で生まれ

出身大学:早稲田大学第一文学部日本文学専修

趣味:シャンソン、謡曲 、三味線、
スポーツ 、ゴルフ、テニス

役職:

銀座料理飲食業組合連合会 理事

大分県竹田市東京事務所所長に就任

銀座ミツバチプロジェクト理事に就任

京都造形芸術大学東京学舎で講座を持つ

 

 

白坂亜紀さんは大分県出身で早稲田大学在学中にアルバイトで、

日本橋の老舗クラブで女子大生ママとなってます。

 

1996年に独立しまして銀座に
「稲葉」を開店しました。

 

話題になったのは銀座五丁目と七丁目にクラブ二店舗を開店したのです、

20代で銀座クラブ二店開店ということで

一躍脚光を浴び、夜の銀座における名物ママになった。

 

全国で講演活動も行う。3月27日に『銀座の流儀』(時事通信社)が発売。

1996年クラブ稲葉 七丁目店

1996年ラウンジ 稲葉 五丁目店

2003年Bar 66

2004年日本料理 穂の花

 

白坂亜紀さんの旦那と両親と兄は?

白坂亜紀さんの両親は

父親は読売新聞通信部記者

母親は珠算塾経営

兄は精神科医の医者

旦那は商社マン

父親は厳しくて「女は男の一歩後ろを歩くもの」という教育を受けて育だった。

旦那は当時のクラブのお客様とご結婚されている、

職業は商社マンということで、
お子様もいらっしゃるようです。

 

ただ一般人ですので名前などの
詳細はわかりませんでした。

 

白坂亜紀さんは夜の勤務ですから、
旦那さんの協力が無ければできないでしょうから。

 

白坂亜紀さんのお店は?

●クラブ稲葉 七丁目店

住所:東京都中央区銀座7-6-2
門ビルB1F

電話:03-3571-3136

営業時間:20:00~0:00

定休日:土曜、日曜、祝日

スポンサーリンク

●ラウンジ 稲葉 五丁目店

住所:東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル3F

電話:03-3571-0228

営業日:月~土

定休日:日曜、祝日

営業時間:19:00~0:00

料金

テーブルチャージ

お一人様(70分) 5,000円
*ドリンク別途

ドリンク

一杯 700円~
*飲み放題 2,500円

ボトル
12,000円~

●穂の花(日本料理)

住所:東京都中央区銀座8-4-2 たくみビルB1

電話:03-3571-0041

営業日:月~土

定休日:日曜、祝日

営業時間:

11:30-13:30(LO)

17:00-21:00(LO)

料金

会席:3500円~5500円

ランチ:1600円~2600円

夜のコース:13000円~6000円

●Bar66

住所:東京都中央区銀座7丁目6-7 日欧ビル7F

電話:03-3571-1966

営業日:月~土

定休日:日曜、祝日

営業時間:

平日18:00~翌 6:00

土曜18:00~0:00

料金

テーブルチャージ \500

ワイン グラス \800~

ワイン ボトル \4,000~

生ビール \800

カクテル各種 \800~

ウイスキー各種 \800~

あやしい酒 時価

白坂亜紀さんゴルフと出世は関係する?

白坂亜紀さんいわくゴルフ場は、自分自身を磨く場であり、

上司や先輩、取引先の懐に飛びこむチャンス。

 

男性の魅力は人と接することで磨かれると思いますし、

遊びの中から生まれる発想もあるはず。

 

だからもっともっと外に 出て、たくさん遊んでほしい。

仕事で成功する人はゴルフも上手い。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。