わかるかなぁわかんねぇだろうなぁ松鶴家千とせの現在に本名は?

松鶴家 千とせ(しょかくや ちとせ)さんは漫談家、歌手、
司会者などで活躍。

 

1967年の今から50年も前になりますが当時は
トレードマークのあごひげとアフロヘアーは、
当時大流行したのです。

スポンサーリンク

独特の和風メルヘンの世界を築き、

「わかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ〜」のフレーズで、大人気になった。

1975年にはシングルレコード
『わかんねェだろうナ(夕やけこやけ)』をリリースし

160万枚のヒットとなる。

 

松鶴家 千とせさん現在80歳になるが、
現在はなにをなさっているのか?
調べて見ました。

 

画像:https://twitter.com/c_shokakuya

松鶴家 千とせ(しょかくや ちとせ)さんの経歴

本名:小谷津 英雄(こやつ)

職業:漫談家、歌手、司会

誕生日:1938年1月9日生まれ

年齢:80歳(2018年5月現在)

出身地:福島県南相馬

現住所:東京都足立区在住

高校:福島県立原町高等学校を中退

所属事務所:千とせプロダクション所属

役職:元東京演芸協会常任理事

南相馬市ふるさと親善大使

 

福島県南相馬市(旧原町市)が生まれ故郷。親族は、

小谷津工務店という建築業をしている。

住所: 南相馬市原町区中太田字天狗田9

 

福島県立原町高等学校を中退し1953年に松鶴家千代若・千代菊に入門、

また歌謡学校で歌を勉強しながら、理容学校をでて、歌手修業を積みつつ、

国際理容師の免許を取得した。

 

1967年に千とせ流家元三代目松鶴家千とせを襲名。

1974年に『わかんねェだろうナ(夕やけこやけ)』が160万枚の大ヒット。

スポンサーリンク

東洋館、上野広小路亭、木馬亭などの寄席演芸のほか、美声を活かして歌手や司会者として活躍。

 

松鶴家 千とせさんの現在は

1981年から足立区を中心に「全国さつまいもの会」を結成し、

東京都の足立区庁舎ホール、老人ホーム、福祉施設などで公演をしている。

 

東京都の足立区社会福祉協議会に寄付をしていて

、ボランティア活動にも精力的に取り組んでいる。

 

2012年には芸能生活60周年記念としてコミックソング「これからサンバ」、

シルバー世代の出会いを歌った「三千六百五十日もあるからね」をオリエントレコードよりリリースしました。

 

HPは本人の自作、ITにも強い漫談家の1人である。

松鶴家 千とせさんの直弟子

デビル三世(松鶴家ちょろ松)

松鶴家仁義

松鶴家大笑

松鶴家はじめ

松鶴家ひとり

松鶴家まゆみ

松鶴家あゆみ

松鶴家ミチル

松鶴家ぽん

ザビエル鈴木

松鶴家都乃局

松鶴家しちろう

松鶴家千代花

直弟子さんもけっこうおりますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。