川井郁子バイオリンの年齢や経歴に夫と離婚?子供や実力はあるの?

川井 郁子(かわい いくこ)さんは
バイオリニスト・作曲家・大阪芸術大学芸術学部教授・女優の
肩書きをもっております。

 

50歳には見えない色気で美魔女などとも言われてます、

胸の大きく開いたドレスを着ていらして、演奏中の彼女は女性としての色気、
フェロモン全開という感じで、

 

同性からは気持ち悪いとか言われてますが、男性から見たら美魔女です。

スポンサーリンク

作曲家としてもジャンルを超えて活躍中
オリジナルアルバムや映画、テレビ、舞台などで手掛けている。

 

川井 郁子さんは日常と演奏中のイメージにギャップがある、

作曲家の三枝成彰さんからも、いろいろな演奏家がいるけれど、

これほど両極端な人は見たことがないと言われてる。

 

そんな川井 郁子さんの年齢や経歴に夫と離婚、子供や実力について調べました。

 

 

画像:https://plaza.rakuten.co.jp/shaaraku/diary/2009121…

川井 郁子(かわい いくこ)さんの経歴

職業:バイオリニスト・作曲家・大阪芸術大学芸術学部教授・女優

誕生日:1968年1月19日生まれ

年齢:50歳(2018年6月現在)

出身地:香川県高松市

出身高校:高松第一高等学校音楽科卒業

出身大学:東京芸術大学卒業

大学院:東京芸術大学大学院修了

身長:168cm

体重:48kg

 

川井郁子さんの両親は音楽家でもなく、
普通のご家庭で育っており、

 

バイオリンに興味を持ったのは、
6歳の時にラジオから流れて来たブルッフの『バイオリン協奏曲』の

音色に魅了されたのです。

 

1998年に映画『絆-きずな-』で女優デビュー。

1999年に連続テレビ小説『すずらん』出演。

2001年4月に『大阪芸術大学』芸術学部音楽学科で指導。

2005年に『大阪芸術大学』芸術学部音楽学科の教授に。

2007年に初のベストアルバム『The Violin Muse?The Best Of

Ikuko Kawai』を発売。

2008年にオリジナルアルバム『新世界』を発売。

スポンサーリンク

同年10月に日本全国ツアー及びニューヨークの“カーネギーホール”で
アメリカデビュー。

2009年に『川井郁子 at カーネギーホール 2008?新世界?』を発売、

2013年に『北のカナリアたち』の音楽で第36回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。

 

川井郁子さんの離婚と子供は?

2005年11月に結婚されました、
2006年6月に長女出産し名前は
花音(かのん)ちゃん。

 

産休後の2006年9月に演奏活動に復帰されました。

しかし2013年3月に離婚してます。

 

「旦那は高柳広さん」。

1965年10月7日生まれで

52歳(2018年6月現在)。

 

当時、ノーベル賞候補とされており
『東京医科歯科大学』の教授です。

 

離婚の原因はネットでは高柳さんの
浮気など検索されてますが、

確実な情報はありません。

 

産後すぐ仕事復帰されているので育児や
仕事のことですれ違いがあったかも?

 

川井郁子さんのバイオリンの実力は?

バイオンリン奏者の好みもあるでしょうが、五嶋みどりさんや諏訪内晶子さんはもちろん、

いろいろ言われる千住真理子さん高嶋ちさ子さんなども言われてます。

 

川井郁子さんはコンサートだけではなく、テレビ出演もしていますし、

実力があると思っていますが、川井郁子さんは下手だという声も意外とあるようです。

 

バイオリンの腕は、シッカリ弾いていて下手ではありませんが、普通ではないでしょうか、

ただ「普通に弾いていたのでは売れない」
と進言した人がいて、本人も納得して演技をしているそうで、

 

恍惚の表情で弾くのはそのためではないでしょうか。

ただマネしたくても難しいそうですよ。

 

最後に

川井郁子さんのバイオリンは

「ストラディヴァリウス」

使用しているそうで、勤務先の大阪芸大の所蔵するものだそうです。

 

世界最高峰とされているバイオリンの名器です。

ちなみに、2011年に日本音楽財団がオークションに出品したストラディバリウス。

およそ1600万ドル(約12億7000万円)で落札されたものが

歴代最高値のもののようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝の連続ドラマ小説『まんぷく』で「チキンラーメン」や「カップヌードル」を開発した、
日清食品の創業者・安藤百福(あんどう・ももふく)と妻・仁子(まさこ)の半生をモデルにした作品です。

大河ドラマ 西郷どん

大河ドラマ 西郷どん

忍者