秋田県の女性はストレス全国47位で原因はなに?○○は全国2位?

2018年の女性の「ストレスオフ」について都道府県ランキングを発表し、

1位は昨年に続き愛媛県でした、

最下位は秋田県だった。

スポンサーリンク

女性のみを対象にリサーチをかけた結果なんですが、

秋田県はその他に自殺も全国ワースト記録になってます。

 

そこに秋田県はの女性のストレスで全国
ワーストの最下位になっている。

 

画像:http://ukiukilab.hatenablog.com/entry/%E5%81%A5%E5…

ちなみストレスオフ県ランキング2018年全国結果では、

愛媛県が第1位になってます、第2位は静岡県です。

要因は

1、時間的ストレスが少ない。

2、支出ストレスが少ない。

3、職場環境の満足。

4、子供の教育ストレスが少ない。

全国平均よりも愛媛女性がストレスオフできている上位10項目を見ると、

「通勤時間ストレスが少ない」

「メイクしている(正装)時間」

「家族との家事分担」と併せて、

「子どもの教育費」や「住宅費」

やらされ感のある時間に対するストレスの少なさ(感じにくさ)が、

ストレスオフ要因であることがわかります。

 

ナゼは、温暖な気候や、都会に比べて自然が多い地域の方が

交感神経機能が抑制される傾向にあります。

 

愛媛県がその条件に合致していることが、第1位の要因のひとつである

可能性が考えられます。

 

秋田県の女性はストレス全国47位で最下位意は?

(カッコ内の数字はストレスフリー値。大きければストレスフリー)

1位 愛媛県(50.1)
2位 静岡県(41.8)
3位 佐賀県(39.8)
4位 島根県(27.3)
5位 長崎県(22.7)
6位 熊本県(22.2)
7位 岡山県(19.4)
8位 滋賀県(19.3)
9位 鳥取県(19.0)
10位 青森県(18.2)

11位 鹿児島県(18.2)
12位 広島県(16.7)
13位 山口県(12.2)
14位 徳島県(11.9)
15位 香川県(10.1)
16位 大分県(9.1)
17位 和歌山県(8.9)
18位 兵庫県(8.7)
19位 京都府(7.9)
20位 宮崎県(7.3)

21位 群馬県(5.2)
22位 新潟県(5.0)
23位 福岡県(4.5)
24位 東京都(3.4)
25位 愛知県(3.2)
26位 山形県(2.5)
27位 三重県(1.9)
28位 石川県(-0.2)
29位 高知県(-0.3)
30位 大阪府(-0.7)

31位 宮城県(-1.2)
32位 奈良県(-1.8)
33位 山梨県(-2.1)
34位 福井県(-3.2)
35位 栃木県(-3.5)
36位 千葉県(-11.4)
37位 茨城県(-12.1)
38位 埼玉県(-12.8)
39位 富山県(-12.8)
40位 福島県(-14.3)

41位 神奈川県(-15.1)
42位 沖縄県(-15.2)
43位 岩手県(-18.9)
44位 北海道(-22.3)
45位 岐阜県(-28.7)
46位 長野県(-32.4)
47位 秋田県(-61.3)

ワースト1の秋田県にいたっては、ストレスフリー値が-61.3と、

スポンサーリンク

ワースト2の長野県-32.4を大きく突き放してぶっちぎりの最下位です。

 

1位の愛媛県、ストレスフリーの主な理由を次のように挙げています。

A・時間ストレスが少ない

B・支出ストレスが少ない

c・職場環境の満足

d・子どもの教育ストレスが少ない

 

結果として秋田県は愛媛県の真逆の理由は?

A・時間ストレスが少ない

秋田県は交通期間が人口減により、電車の
本数が減らされているし、バスなどは
廃止され乗り合いタクシーを利用。

 

したがって車がないと移動手段が困難で不便です、

また雪が降れば道路は大混雑でいつもより1時間早く出ても遅刻になる。

移動時間のストレスが多いです。

 

B・支出ストレスが少ない

秋田県の女性はファッションに敏感でオシャレです、

なぜか秋田県は美容院密度No.1なのです、
人口ひとりあたりに対する美容院の数は、秋田県が日本一。

 

美容師の数も秋田県が1位。

ちなみに、個人が美容院へ行く回数や頻度も、秋田県が全国1位なんだそうです。

身だしなみにこだわる県民性を持っていて、歯磨き粉の購入頻度、

 

洗濯代の支出額、洋服の仕立て代もトップクラスで、

自分をよく見せたい(いいふりこき)が多い。

したがって支出が増えるのです。

 

c・職場環境の満足

職場環境の不満もありますが、働ける会社自体が少ない。

パートで勤めるにも職種が少ないから仕事の選びようがない。

 

給料・時給も最低の基準が多いし、その割りにはハードな仕事しか無い現状。

 

d・子どもの教育ストレスが少ない

秋田県は人口減少で学校が統廃合が進んでいる、

そのために徒歩範囲内と住む町に学校がない現状。

 

秋田県は全国学力・学習状況調査の結果3年連続の高水準となったので、

子供たちのストレスも多いでしょうね。

 

地方ならではの人間関係も?

ご近所づきあいが密であるのも良し悪しで
、田舎は隣近所どころか町内のことまで全く知っているなんて結構あります、

見てないようで見られてることが、若い人にはストレスにもなっている。

 

秋田県は○○○は全国2位?

秋田県も全国2位になっているのもあるんです、

それはこちらです。

 

【1か月のSEX回数が多い都道府県ランキング】

1位:佐賀県(2.79回)

2位:秋田県(2.62回)

3位:沖縄県(2.57回)

4位:熊本県(2.54回)

5位:島根県(2.52回)

※相模ゴム工業「ニッポンのセックス」2013より(調査人数1万4100人)

 

1位の佐賀県は、あの「がばいばあちゃん」のような気が強く

ハッスルタイプの女性が多い。

ヤリたいと思ったら直感で動いてくる。

 

2位の秋田県のほうは日照時間が短いので、夜の営みも増える。

寒い日は早くフトンに入るのが一番ですが、その分肌のぬくもりが恋しくなる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。