カテゴリー:特集・ドキュメント

  1. 中西進(なかにし・すすむ)先生は 新元号「令和」の考案者と目され、 日本中の注目を集める国文学者となってしまいました。 中西進先生はここ3ヶ月間は1日も休まず西へ東へと 飛び回っているそうです。 8月の誕生日がくれば90歳…

  2. 夏は一番が「ビールに枝豆!」という人が多いほど、 日本の風物ともいえる枝豆です。 五木のどかさんは現在は個人事務所 who(ふー)所属で、 豆料理探検家、 豆アドバイザーとして 全国「道の駅」連絡会ほか、 飲食店への豆指導やレ…

  3. 奥山たえこ さんは(元杉並区区議会議員)で現在60代で シェアハウスを始めた方です。 シェアハウスは東京都杉並区高円寺の古びた住宅街の一角にある、 築50年以上のクーラー・風呂なしのアパートがある。 奥山たえこ さんは20代…

  4. 林 忠崇(はやし・ただたか)は1941年(昭和16年)に 最後の大名とも呼ばれた、 請西藩の第3代藩主が94歳で亡くなりました。 幕末・明治・大正・昭和と激動の時代を生き抜いた。 嘉永元年(1848年)、上総請西(かずさじょうざ…

  5. 上山 博康(かみやま・ひろやす)先生は 札幌禎心会病院(さっぽろていしんかいびょういん)の脳疾患研究所所長です。 上山博康先生は脳動脈瘤の手術で、全国にその名を知られる外科医で、 手がける脳外科手術は年間300を超え、 その腕を…

  6. 木村好珠(きむら・このみ)先生は医師(精神科医)・健康スポーツ医・ スポーツメンタルドクター・タレントとして活躍されております。 医大生時代に「準ミス日本」を受賞され的確なアドヴァイスをくれ、 「安心して話せる」木村好珠先生こそ、…

  7. イラン人コスプレイヤーの時は痛子(いたこ)と名乗っている、 痛子(いたこ)の名前の由来は? 日本に来て最初に言った言葉が「痛」だったことに由来だそうです。 痛子さんはイランのテヘランに生まれ育ち18歳から日本に在住する、 (さらに…

  8. 平野多恵(ひらの・たえ)先生は成蹊大学教授ですが、 姓名判断、手相、タロット占い、四柱推命、アガスティアの葉、文鳥など、 様々な占いをやり続け、神社仏閣のおみくじに辿り着いたのです。 おみくじは神仏のお告げが何で表されているかで、…

  9. hitomi(志賀瞳)さんは秋葉原のカリスマメイドとして料理や飲み物にかける おまじない「萌え萌えきゅん」など、 個性的な演出を数多く編み出し、メイドカフェの礎を築いたパイオニアだ。 メイド歴14年(2019年度) 学生時代より…

  10. 秋元ういさんは半年かけて書いた「しょうがっこうがだいすき」 小冊子の内容が小学校入学前の園児にピッタリだと話題になりました。 うちのういさん、地元新聞社の取材受けるなう。8歳にして、出版からの、新聞取材。来週はラジオ出演もwww…

RETURN TOP

NHK朝ドラ エール

朝ドラ!エール

NHK朝の連続ドラマ小説古山裕一(窪田正孝)のモデル古関裕而と妻・古関金子の半生は?

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」

忍者