カテゴリー:特集・ドキュメント

  1. イラン人コスプレイヤーの時は痛子(いたこ)と名乗っている、 痛子(いたこ)の名前の由来は? 日本に来て最初に言った言葉が「痛」だったことに由来だそうです。 痛子さんはイランのテヘランに生まれ育ち18歳から日本に在住する、 (さらに…

  2. 平野多恵(ひらの・たえ)先生は成蹊大学教授ですが、 姓名判断、手相、タロット占い、四柱推命、アガスティアの葉、文鳥など、 様々な占いをやり続け、神社仏閣のおみくじに辿り着いたのです。 おみくじは神仏のお告げが何で表されているかで、…

  3. hitomi(志賀瞳)さんは秋葉原のカリスマメイドとして料理や飲み物にかける おまじない「萌え萌えきゅん」など、 個性的な演出を数多く編み出し、メイドカフェの礎を築いたパイオニアだ。 メイド歴14年(2019年度) 学生時代より…

  4. 秋元ういさんは半年かけて書いた「しょうがっこうがだいすき」 小冊子の内容が小学校入学前の園児にピッタリだと話題になりました。 うちのういさん、地元新聞社の取材受けるなう。8歳にして、出版からの、新聞取材。来週はラジオ出演もwww…

  5. 外科医で漫画家で3児の母!女医のリアルを描いたコミックエッセーが 人気「さーたりさん」です。 現役の女性外科医で、コミックエッセイ作家としても大注目の「さーたり」さんの 『腐女医の医者道!』m3.comでは第1巻を掲載しているが、 …

  6. 辛酸 なめ子(しんさん・なめこ)さんは漫画家、コラムニストとして 活躍するほか、コメンテーターとしてテレビ番組にも出演している。 また本名の池松江美名義で執筆やアート作品の制作もしている。 辛酸なめ子さんはフリーランスとして活…

  7. 激戦区歌舞伎町で店のママをしている沙世子(さよこ)さん、 キャバクラの激戦区、新宿・歌舞伎町。 ママになる前は、歌舞伎町でキャバクラ嬢をしていた沙世子は、 売上ナンバー1の売れっ子キャストだった。 女の子を管理、新人キャスト…

  8. マツコ会議で話題になった女医の婚活パーティー、お相手は高年収の ハイステータス男子だそうです。 マツコも驚く女医の恋愛事情は年収がネックになっている。 (さらに…)…

  9. 田辺玲子(たなべ・れいこ)さんは「お茶碗を変えるとご飯の味が変わる!」と主張する。 「そんなはずがない」と疑いまくりだったマツコさんだったが、 全国の作家が作った手触りのいいお茶碗で白ご飯を食べて絶句した。 (さらに…)…

  10. 八木宏一郎 (やぎ・こういちろう)さんは 「私は手羽からの申し子だ」現在10万人以上の愛好家が所属する、 「日本唐揚協会」を立ち上げ、これまで全国1000種類以上の 「手羽からあげ」を食べたかたです。 &…

RETURN TOP

NHK朝ドラ エール

朝ドラ!エール

NHK朝の連続ドラマ小説古山裕一(窪田正孝)のモデル古関裕而と妻・古関金子の半生は?

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」

忍者