カテゴリー:料理・食べ物

  1. 竹内 太一(たけうち・たいち)社長は 1917年(大正6年)創業の老舗で、地元では知らない人はいない有名店の三代目。 創業は祖父の小松牛次氏が高知県に「祢保希」を創業、 2代目は父親の竹内和夫氏は小松牛次氏の 養子として迎えられ…

  2. 植野広生(うえの・こうせい)さんは プレジデント社「dancyu」の編集長です。 出版業界は今不況と言われて折りましが、発行部数を伸ばす 「食の専門誌」「dancyu」、 発行部数は毎月10万部以上の売上げ、その編集長を務めるの…

  3. 夏梅美智子(なつうめ・みちこ)さんは、 料理研究家となって30年が経過し、 得意なジャンルは和洋中問わずに料理を作る、NHKのきょうの料理 でもおなじみです。 最近はダイエットなどでもお馴染みの作り置きレシピなど色々な角度から 、…

  4. 脇屋 友詞(わきや・ゆうじ)シェフは中国料理(主に上海料理)に、 フランス料理の要素を取り入れた「ヌーベルシノワ」 (Nouvelle chinois) の先駆者として知られ、 上海料理の伝統を軸に旬の素材をふんだんに取り入れた身…

  5. 丸山晶代(まるやま・あきよさんは「ちくわぶの“食材としての可能性”」を 全国に広めたい方で、 ちくわぶは何にでも変身するスーパー食材なのです。 から揚げ、カツ丼からスイーツまで、見事な変身を遂げたちくわぶ、 (さらに&hellip…

  6. 藤野 嘉子(ふじの・よしこ)さんはきょうの料理などにも出演して料理レシピなども出版しています。 また旦那さんは藤野賢治さんで、南青山でフレンチレストラン 「カストール&ラボラトリー」のシェフをやっています。 また娘さんの藤野貴…

  7. パン・ウェイ(潘薇)さんは薬膳レシピでおなじみの中国家庭料理研究家です。 料理教室では、旬の食材をふんだんに使った、おいしくて身体によい 中国の家庭料理を提案しています。 慣れ親しんだ昔ながらの北京の家庭料理を中心に、季節・体…

  8. 坂田阿希子(さかた・あきこ)さはん料理研究家で 「studio SPOON」料理教室を主催、 元々は出版社に勤務をされていたそうですが、 フランス菓子店やフランス料理店で修行をされた後で独立。 したがって坂田阿希子さんのレパ…

  9. 内山裕史(うちやま・ひろし)さんは北海道美唄市の「うちやま農園」の 3代目になります。 アスパラガスを年間3000本を食べる内山裕史さんなのですが、 なぜ「うちやま農園」のアスパラが美味しいのか、 それは有機質をふんだんに含んだ…

  10. 深堀勝謙(ふかほり・かつのり)さんは 株式会社わだまんサイエンスの社長で、 「ごまの世界」を語るのは、21年間毎食ごまを食べ続けごま専門店を 作ってしまうほど、ごまを愛して止まない。 ごまの種類は ●白ごま/まろやかで油脂成分が多…

RETURN TOP

NHK朝ドラ エール

朝ドラ!エール

NHK朝の連続ドラマ小説古山裕一(窪田正孝)のモデル古関裕而と妻・古関金子の半生は?

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」

忍者