カテゴリー:雑学

  1. NHK大河ドラマ『西郷どん』は吉之助(隆盛)が島送りとなる奄美大島で 西郷どん31歳、愛加那22歳で結ばれ、 2度目の結婚した「愛加那」でしたが、初めて父にもなってます。 (さらに…)…

  2. 島津久光(しまづひさみつ)は 島津斉興(しまづ なりおき) 島津氏第27代当主・薩摩藩の第10代藩主と 母は側室の由羅(ゆら)の子で、 類いまれな才能を持った 異母兄・島津 斉彬(しまづ なりあきら)に憧れその背中…

  3. 今日は何の日? 1月25日は「中華まんの日」です。 語呂合わせでもないし、なんで1月25日が 中華まんの日になったのか? (さらに…)…

  4. 男にも女にも持てた人物として描かれている 西郷隆盛だが、 生涯で3度結婚していたのです。 最初の妻は「須賀(すが)」 最初の妻は西郷家より格上の武家の娘であった。 伊集院 須賀(いじゅういん すが)は親…

  5. 西郷隆盛はどんな性格の人だったのですか 薩摩隼人の気質として豪放・質実剛健が美徳とされましたが、 それは断っておきますが民族的な評価です。 誠忠組ら下級武士階級には島津久光をじごろと相手にしない気骨を、 …

  6. 渋谷・道玄坂の「NATURALIA」(ナチュラリア)がオジサンに人気、 スッピンカフェバーで癒しを求めて来るそうだ、 厚化粧が飽きたし臭いが気になるし、 スッピンだと癒されるのだ。 (さらに…)…

  7. 松井薫先生の「5秒腹筋」で即効おなかヤセ! が大反響です、 世界一受けたいダイエット法として今大人気の 「5秒腹筋」。 パーソナルトレーナーであり、国士舘大学の特別研究員でもある 松井薫先生が考案、 (さらに&hellip…

  8. お歳暮(せいぼ、さいぼ)は、1年の終わり12月の季語でもある。 日本では、暮れに世話になった人に対し感謝する 意味で贈り物をされるが、 一般的には新しい年を迎える為に必要な物を送る ので保存の利くものが主流である。 (さらに…

  9. 「わろてんか」の担当脚本家の吉田智子さんってどんな人なのでしょうか? 吉本興業を起した芸能プロモーター、吉本せいをモデルにした「わろてんか」 ということで、その脚本を担当した吉田智子さん。 …

  10. 寒冷じんましんは「じんましん」の中でも 対処法が特殊だと言われております。 普通のじんましんでかゆい場合は患部を 冷やすことでかゆみが押さえられますが、 この「寒冷じんましん」は冷やすと逆効果で 冷やしてしまうとますますヒ…

RETURN TOP