タグ:美の巨人たち、いとう じゃくちゅう、、伊藤若冲、

  1. 40歳で家督を譲り、絵の道を進み始めた若冲が京都の名刹・相国寺に寄進するために 描いた作品です。 『釈迦三尊像』は東福寺が所蔵していた仏画を鮮やかな色彩で模写したもの。 その周囲を飾るために身近な生き物を描…

RETURN TOP