本ページはプロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

広島おつまみ「ホルモン天ぷら」はハサミやまな板と包丁で自分でカット!歴史や発祥にレシピも!

本ページはプロモーションが含まれています。
ホルモン天ぷら歴史! 話題のお店・大盛・激辛
スポーサーリンク

ホルモン天ぷらとは?

広島市内の一部エリアでしか味わえないご当地グルメ「ホルモン天ぷら」。

この料理は、名前が示す通りホルモン(内臓肉)を天ぷらのように油で揚げたもので、特にJR広島駅から西へ約4kmのエリアに集中しております、

ホルモン天ぷらに使用される部位は!

ホルモン天ぷらに使われるホルモンは小腸や大腸以外の部位が特徴で、内臓の肉全般を指す広い意味で使用されています。

特に小腸や大腸以外のホルモンが使われることで、独自の風味や食感を楽しむことができるので、

提供される際には専用のまな板や包丁、ハサミでカットして自分好みのサイズに切ることもできるため、食べる楽しさが増します。

もともとこのエリアには昔、食肉施設が集中していたため、その名残からホルモンが多く使用されるようになりました。

ホルモン天ぷら歴史!

ホルモン天ぷら歴史!

ホルモン天ぷらの発祥地は、広島市内でも西区福島町に限定されています。

もともとこの地域は、食肉施設が存在したことからホルモンの供給が豊富であったため、ホルモンを活用した料理が自然と生まれました。

広島おつまみとしての「ホルモン天ぷら」は、お酒のつまみとして人気が高く、地元の食文化に深く根ざしています。

特に「あきちゃん」というお店は、創業約30年の歴史があり、その独特な風味と食感が地元の人々に絶大な人気を誇ってます。

独自のサービス専用ハサミ・まな板や包丁!

ホルモン天ぷら提供店での特徴的なサービスの一つとして、お客自身が「ハサミでカット」できる点があります。

これにより、食材の硬さや大きさを自分好みに調整することができ、まな板と包丁も提供されるため、自分で細かにカットする楽しみも体験できます。

この独自のサービスで、食事中のコミュニケーションが一層楽しくなります。

ベストな食べ方と合わせる調味料!

ホルモン天ぷらをより美味しく楽しむためには、適切な調味料が欠かせません。

塩や七味唐辛子、ポン酢などさまざまな調味料がありますが、特におすすめなのが、広島特有の辛めのソースです。

このソースはホルモンの脂を引き立て、口の中で旨味が広がります。

ホルモン天ぷらの家庭での調理方法!

広島おつまみ「ホルモン天ぷら」は家でも簡単に作れます。

1・ホルモンの下処理を行います。

2・冷水で何度か洗い、臭みを取り除きます。

3・オーブンや炊飯器でホルモンをやや柔らかくなるまで煮込みます。

4・ホルモンが柔らかくなったら、一口大にカットします。

伝統的には、ハサミでカットするのが一般的ですが、まな板と包丁を使っても問題ありません。

5・天ぷら粉を使用してバッターを作り、ホルモンに薄く衣をつけます。

180度に熱した油でホルモンを揚げ、きつね色になるまで数分揚げます。

6・揚げ上がったホルモン天ぷらをキッチンペーパーで油を切って完成です。

家庭で手軽に本格的な味を楽しむことができます。

調味料としては、塩やカボス、またはレモン汁をかけるのがおすすめです。

シンプルな味付けながらも、ホルモンの脂の甘みを引き立てる役割があり、辛いものが好きな方は、七味唐辛子やポン酢をあわせるのも良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました