カテゴリー:企業の社長

  1. 松下 幸之助(まつした・こうのす)氏は パナソニック(旧社名:松下電気器具製作所、 松下電器製作所、松下電器産業)を一代で築き上げた経営者である。 異名は「経営の神様」で有名な方です。 しかし松下幸之助氏を陰で支え続…

  2. 沢田富美子(さわだ・ふみこ)さんは、 ポスト・松田聖子と呼ばれた、 現在は推定資産100億円の不動産女王に転身されている。 アイドル時代の19歳の時に、子供の頃からの趣味で あった不動産投資を開始し、 ローンを借りてワンル…

  3. 貝原 良治(かいはら・よしはる)氏は、 カイハラ株式会社 会長です。 こちらの会社は皆さんが知っているユニクロ、リーバイスに エドウインなど国内外300を超える、 ブランドがカイハラの生地でジーンズを作っているということです。 …

  4. 森朝奈(もり・あさな)さんは名古屋にある鮮魚の卸売り 「寿商店」の常務取締役である。 「魚屋 寿商店」は昭和55年の創業から39年、 鮮度抜群の魚介を取り揃える魚屋として、 地元の街で愛され続けている。 社長は父親…

  5. 能作克治(のうさく・かつじ)氏は株式会社 能作 4代目社長です。 株式会社 能作は1916年創業で当時は青銅や真鍮を使って仏具や茶道具、 花器を手掛ける鋳物メーカーでした。 当時は鋳造した素材のままの製品を問屋に卸し、 仕上…

  6. 岡本さくら氏はマツコの知らない世界でグリーティングカードを 語ってくれる。 日本では見かけないが、お祝いや感謝の気持ちを送る欧米の手紙文化、 グリーティングカード。 グリーティングカードは「クリスマス」「バースデー」 「バレンタイ…

  7. 高島宏平(たかしま・こうへい)社長は7年前の年商は126億円だったが、 現在はなんと640億円にまで急拡大させたという。 躍進の理由は「大地を守る会」や「らでぃっしゅぼーや」など、 野菜宅配ビジネスのライバルを次々と傘下に収めたこ…

  8. 黒田尚子(くろだ・なおこ)さんは 神戸の南京町にある「神戸アジアン食堂バルSALA」の店主。 このお店は黒田尚子さんがアジア人女性が、日本の文化や 言葉の壁にぶつかり、孤立していたという。 何か出来ることはないかと考えた時、…

  9. 田島道治(たじま・みちじ)初代宮内庁長官は国のために奉仕した生涯で、 私費で学生寮の建設し最も困難な時期の宮内庁長官をされた方です。 田島道治氏は銀行家であり、宮内庁長官、さらにソニーの会長までも経験し た異色の人物である。 …

  10. 満寿屋商店は 満寿屋商店 会長杉山輝子(すぎやま・てるこ)氏 満寿屋商店 社長杉山雅則(すぎやま・まさのり)氏が四代目となります。 日本全国には約1万店のパン屋があるそうですが、その大半は輸入小麦に頼っている。 十勝で愛され続け…

RETURN TOP

NHK朝ドラ エール

朝ドラ!エール

NHK朝の連続ドラマ小説古山裕一(窪田正孝)のモデル古関裕而と妻・古関金子の半生は?

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」

忍者